Mocapをシンプルに、フレキシブルに。

ENLIVEN3Dは、小型軽量の9軸モーションセンサとモバイル端末(iPad)、そしてDevelopment Kitで構成される、"世界初"のモバイル3Dモーションセンシング・アプリケーション開発プラットフォームです。最大6個のセンサを使用し、ノードやコンテナと呼ばれるモジュールをパッチングするだけのオブジェクト指向の開発環境を統合することで、特別なプログラミング言語の知識がなくとも様々なアプリケーションの開発を可能にしました。様々なシーンで3Dインタラクションが可能になります。株式会社スポーツセンシング マイクロストーン株式会社microStoneOptiTrackオプティトラックVICONバイコンクオリシスQualisysモーションアナリシスMotionanalysisMAC3DビーコンBeacon

Think in Opportunities.


Measure.

◼︎スポーツ・リハビリの現場で


スポーツトレーニングやリハビリテーションの現場では、理学療法士が素早く治療前後の効果を確認する必要があります。Enliven 3D Anglesを使うことで、動作解析を簡便に行えます。ジョイントアングル、エクステンション/フレクション、アダクション/アブダクション、ローテーションの指標が得られます。

Control.

◼︎新しいインターフェース開発に


モバイルデバイスの時代に求められる新しいUI/UXの開発のために、またヒューマン•コンピュータ•インターフェースの新しいあり方のために、様々な場所で利用できるモバイル3Dインタラクションの研究に活用できます。センサーを付けるだけなので、ラボやスタジオなどの特定の環境を必要としません。

Capture.

◼︎外部アプリとの連携も柔軟に


2D/3Dの動作計測をヒト・モノ問わず行え、研究用途・CGアニメーション用途に幅広く使えます。外部PCや内部コンパニオンアプリへのストリーミングがリアルタイムに行え、データの波形表示や記録、CSVファイルのエクスポートも簡単です。Unityプラグインも付属し、スマホVRなどリアルタイムコンテンツにも対応します。



▪️ENLIVENセンサー

  • 寸法        42 x 32 x 16mm
  • 重量        18g
  • 通信        Bluetooth 4.0
  • 距離        20m
  • 3軸ジャイロ      2000deg/s
  • 3軸加速度       ±16G
  • 3軸方位精度      <0.5deg
  • バッテリー     Li-ion3.7V, 160mAh
  • 連続使用      4時間
  • 充電方式      micro USB
  • 充電時間      1時間
  • 回転角       クォータニオン
  • アップデートレート    50fps 

▪️ENLIVEN DK

  • 直感的なインターフェース
  • キネマティック・チェーン・ビルダー
  • 簡単なセンサー設定(アライメント&キャリブレーション)
  • データ・フロー・ダイアグラムによる簡単なプログラミング
  • ネットワーク・ストリーミング
  • プロジェクトの保存
  • データの記録/グラフ表示/CSVファイル出力(ValuePlotコンパニオンアプリにて)

 

※現在はiOSのみの開発環境に対応、順次Mac OS, Windows 10での開発環境にも対応予定


ダウンロード
017/6/2 いくつかの強力な機能が追加されたv1.9がリリースされました!
Enliven3D v1.9リリースノート.htm
HTMLドキュメント 47.3 KB

▪️用途と使用

ENLIVEN 3D Development Kitにて作成されたアプリ

簡単な6ステップの操作で動作解析がおこなえます

 

以下のデータを同期解析可能

・ジョイントアングルのグラフデータ

・角速度のグラフデータ

・角加速度のグラフデータ

・iPadのカメラで撮影した動画

 

以下のデータのメール送信機能

・50fpsのモーションデータ(CSVにて)

・動画

ダウンロード
製品シート.pdf
PDFファイル 187.1 KB

展示会情報


出展イベント

2016/08/24-26 日本体育学会 第67回大会 @大阪体育大学
2016/09/07-09 ヒューマンインターフェースシンポジウム2016 @東京農工大学
2016/09/14-16 第21回 日本バーチャルリアリティ学会大会  @つくば国際会議場
2016/10/07-08

ENLIVEN3D ハンズオン・ワークショップ

@Linkage047(東京,赤坂)
2016/10/15-16

2016年日本水泳・水中運動学会年次大会

(株式会社ワンダーイヤーズ様ブースにて)

@国立スポーツ科学センター(東京, 北区西が丘)
2016/11/9 VR/AR/MRコンテンツ ビジネス活用セミナー @Linkage047(東京,赤坂)
2016/11/12-13 第37回 バイオメカニズム学術講演会 @富山県立大学
2017/06/03-04

日本人間工学会第54回大会

(株式会社ゼロシーセブン様ブースにて)

@日本大学(千葉,津田沼)
2017/06/28-30 第3回先端コンテンツテクノロジー展 @東京ビッグサイト

アセットノート


ダウンロード
関節角度の求め方
EAN_001Jointangle.pdf
PDFファイル 2.2 MB
ダウンロード
数値のストリーミング
EAN_002Streamingavalue.pdf
PDFファイル 2.7 MB
ダウンロード
ジェネリック オブザーバー
EAN_003Genericobservers.pdf
PDFファイル 1.9 MB
ダウンロード
時間関数
EAN_004Timederivative.pdf
PDFファイル 1.8 MB
ダウンロード
パケットエラー カウンター
EAN_006Packet-errorscounter.pdf
PDFファイル 764.6 KB
ダウンロード
ピッチ
EAN_008Pitch.pdf
PDFファイル 1.5 MB

FAQ(よくあるお問い合わせ)


  • センサーについて
  • モーションセンサーとはどんなものですか?
    • IMU(Inertial Measurement Unit: 慣性計測装置)と呼ばれる、3軸ジャイロ計/3軸加速度計/3軸地磁気計が搭載されたセンサーです。近年小型化・高精度化が図られ、スマートフォンやウェアラブルデバイスなどにも広く搭載されています。
  • どんなセンサー情報を取得できますか?
    • センサーを割り当てたセグメント(剛体)のポジションとオリエンテーションが取得でき、プログラミングにて2つのセンサーの相対角度や角速度、角加速度情報を求められます。
  • センサーのRAWデータは出力可能でしょうか?
    • 現行のセンサーでは出力ができませんが、次世代センサーにて出力可能になります。
  • データのグラフプロットやCSV出力は可能ですか?
    • "Value Plot"というコンパニオンアプリをご使用いただくことで可能です。ユーザー様に限り無償配布いたします。
    • どんな場所でも使えますか?
      • はい。ただし方位計が乱れるような場所(周囲に金属物や電子機器が沢山ある場所)はなるべく避けて下さい。
    • 水中でも使えますか?
      • 現在のところ、防水加工はされていませんので使えません。
    • センサーのローデータは取得できますか?
      • フィルター処理後のデータになります。
  • センサー1つで、移動値が取得できますか?
    • いいえ、できません。あくまでも2つ以上のセグメントを関節でつなぎ、任意の場所にアンカーポイント(始点)を指定することで、セグメントの移動値が得られます。
  • センサーはヒト以外にも装着できますか?
    • プロップ(小道具)などに取り付けて使用できますが、ボールのように手から離れる物につけても、手から離れてしまう際にはそのポジションは取得できません。
  • センサーの保証はありますか?
    • はい、1年保証が付属します。ただし水没事故や雨の中での屋外使用による故障は対象外です。また、センサーの保管は大きな電流を消費する電子機器の近くは避けてください。また強力な磁石をセンサーに近づけないようご注意ください。
  • Dev Kitについて
  • どんなiPadでもインストールできますか?
    • BLE(Bluetooth 4.0)に対応しているものであれば大丈夫です。Bluetooth 2.0には対応していません。
  • iOS以外はサポートしていませんか?
    • 現在のv1.xではiOSのみですが、v2.0でMac OSに対応です。(Android, Windowsもその後に順次予定)
  • 複数のiPadにインストールできますか?
    • いいえ、1台の端末のみになります。
  • 他のiPadにライセンスの移設はできますか?
    • 基本的には出来ません。
  • 複雑なキネマティックモデルも作成できますか?
    • 基本図形のセグメント・モデルを重ね合わせて独自のモデルも作成/保存できます。
  • モデルは自分で作る以外に、何か方法はありますか?
    • v2.0以降でモデルデータのインポート機能を搭載予定です。
  • プログラミングは誰でもできるのですか?
    • 各モジュールの役割を理解する必要はありますが、C言語などの専門的な知識は不要です。また、ある程度のまとまったアルゴリズムをコンテナにまとめることができ、そのようなブロック化されたモジュールが、アセットストアからダウンロードも可能になります。
  • 作成したアルゴリズムをコンテナにする方法を教えてください。
    • まとめたいアルゴリズムをドラッグして重ね合わせるだけです。
  • ポジション(p)とオリエンテーション(q)について教えてください。
    • ポジションは、セグメントの中心位置になり、オリエンテーションは、クォータニオンでの回転角になります。
  • Unityでストリーミングデータを受けるにはどうすればよいですか?
    • WiFiまたはLightningケーブルでMac(or PC)に接続し、IPアドレスを指定します。Unityには、Enlivenより提供されるUnityスクリプトを読み込んでください。
  • Asset Storeについて
    • どのようにアップロード/ダウンロードができますか?
      • Asset Storeは近日公開予定につき、方法は決定次第アナウンスいたしますので、今しばらくおまちください。
    • どのようなレベニューシェアができますか?
      • 詳細は、決定次第アナウンスさせていただきます。

お問い合わせ


購入前/購入後のお問い合わせは、下記のフォームよりご記入ください。追って担当者よりご返信させていただきます。

メモ: * は入力必須項目です